念願の薬剤師になってからの働き方は職場によって異なる

薬剤師を目指す者が多い理由

近年、大学入学において薬学部の人気が高い。
そのため薬学部への入学は難易度が高くなってきている。
薬学部の人気が高まってきている背景として、長引く不景気が考えられる。
不景気が長引いているため将来に不安を抱えている者が多く、雇用が比較的安定していると考えられている薬剤師を志望する者が増加してきているのである。
薬剤師になるには、薬学部を卒業し、薬剤師の国家資格試験に合格しなければならない。
合格した場合、どのように仕事をするのであろうか。

様々な場所で求められている薬剤師

薬剤師が働いている現場は、例えば病院があります。
他に薬局やドラッグストアなどがあります。
これら3つの勤務場所で、仕事に違いがあるのでしょうか。
求人サイトの薬剤師案件を見てみたいと思います。

職場によって異なる薬剤師の働き方の違い

まずは病院の仕事は、処方箋通りに薬を作ったり、ときには服薬指導のため病棟に出たりもします。
薬局は店舗により様々です。例えば大学病院などの近くにある、門前薬局というところでは、病院と同じく処方箋通りに薬を調剤します。
一方、田舎の小さな薬局などもあるかと思いますが、そのようなところでは、薬の販売の仕事で、どちらと言えば販売業のような感じです。
ドラッグストアもこの小さな薬局と似たようなところだと思います。

意外と多いドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアに白衣を着た人があるかと思いますが、あの方は薬剤師です。
ドラッグストアの場合、普通の雑貨や食品などの商品もレジうちする必要があります。実は私もよくドラッグストアで食品だけ買って帰ることがあります。
このような仕事を薬剤師が行うことは、大卒なら物足りないと感じる人もいたりするかもしれませんが、しかしそれは個人の価値観の違いです。
実際、ドラッグストアでは一般の人たちと他愛もない話をして楽しく仕事ができたりするのです。このように様々な勤務場所がある薬剤師。
それだけ多くの場所で求められている職種だということでしょう。
今後は高齢化社会が続き、病院に通う者が増加すると見込まれる。
その結果、薬の需要も高まるため薬局で仕事するのであれば将来的に安定した生活ができると見込まれ、薬剤師を目指す者が多いのである。

Copyright(c) 2014 www.alianzahispanica.org All Rights Reserved.