高級賃貸オーナーで通信制高校に通っていた頃の思い出

通信制高校での学生としてもメリット

通信制高校は、色々な方がいます。
年齢層も幅が広いです。
そんな中に私もいました。当時私は、23歳でした。一般の高校生である年齢を遥かに超えておりました。
そんな中、通信制高校とはいえ、23歳高校生としていました。
もちろん高校生としての学生証も発行されます。
働いている成人とは言え、もうひとつの顔は、高校生です。
学生証があることから、各店舗などの学生割引が使えるのも1つです。

自動車で通学する人も居ます

一般的に見て学費のかかる通信制高校ですが、逆にお得なこともあります。
そんな学割でのお話を致します。
年に数回通わないといけないスクーリングがあります。
その際は高校へ通うことになるのですが、高校には駐車場が数台程度しか停められません。
それも身体障害者やケガなど通学が難しい方のみ限定で自動車通学が認められます。
それでも私は、近くのコインパーキングへ停めて自動車通学をしたことありますが、駐車代が結構かかります。
その為電車での通学に変更しました。

学割でお得に生活したこともありました

毎回行くことが無いので、回数券を購入する形になります。
そこで学割が適用です。通常料金の半額で電車に乗れると言うことです。
結構役に立ちます。通学以外でもどこか移動する際でもこの回数券を使えるのでお得です。
続いて、学生割引が適用してくれる店舗などもあります。
例えば映画館高校へ通っていなければ通常料金なのですが、学生証をもっているので、学割が適用になり、安く映画をみることが可能です。
これもお得です。他にも飲食店などで、高校生限定のセット商品など、学生証を提示しなければいけません。
そこで、通信制高校の学生証を提示するとそのセットが食べられると言うメリットがあります。
一瞬疑われますが、何も悪い事ではありません。
高校生なのですから。そんな感じで通っている間は、使える学割など利用出来るのでお得な部分もある成人になってからのお得な通信制高校での生活でした。

Copyright(c) 2014 www.alianzahispanica.org All Rights Reserved.